ハンズ・ギャラリー マーケット ヘルプページ

見やすい作品登録のヒント

おすすめ作品掲載事例

CASE1 作品を全角度から撮影して掲載

作品を全角度から撮影して掲載することで、作品の全体像が買い手に伝わります。

さらに、作品の細部にズームした画像を掲載することで、安心して購入してもらえるようになります。

Ex_01

nabe-Time 手巻きBrass Mens "Index1-BHW" SV/BK [BHW014] (手作り時計 渡辺工房)

CASE2 作品の使用シーンを掲載

作品を実際に使用しているようなシーンを掲載することで、購入後の使用イメージが湧きやすくなります。

さらに、比較対象があることで作品の大きさがわかりやすくなるというメリットもあります。

Ex_02

マガジンラック(革張り) (WOOD in the ear)

CASE3 作品の形状がわかるように掲載

作品の表、裏の画像に加え、複数を積み上げた様子も掲載することで、作品の形状が詳しくわかります。手が写りこんでいる写真は、実際に作品を手に持ったときのイメージもしやすくなるためおすすめです。

Ex_03

COASTER×2SET (kakoi products)

CASE4 作品の着用イメージを掲載

作品を実際に着用したイメージを掲載すると、コーディネイトイメージがつかみやすくなる上に、

着用時の長さについても感覚的に伝えることが可能になります。

Ex_04

【vive le vent】 Roma (La Paix)

おすすめ動画事例

CASE1 遊び方を伝える

おもちゃなどの作品は、実際に動かしている様子を動画で紹介することで、静止画では伝えきれない作品の動きの詳細を伝えることができます。

楽しそうに遊ぶ様子がイメージできると、購入意欲も高まりますね。

MK ZOO -SARU(サル)- 茶  (モスクワ工芸)

CASE2 音と動きを伝える

オルゴールや楽器などの作品は、動画で音と動きの両方を紹介することをおすすめします。

360度、全角度から作品を見てもらうという点でも動画は最適ですね。

 

うさぎのオルゴール (クラフトマキダダ)

CASE3 アトリエの風景を伝える

実際に作品を制作しているシーンを早回しで紹介しています。

とても丁寧な手仕事で作品が作られていく過程が興味深く、普段見られないアトリエでの様子が見られる点も動画ならでは。

 

ネコ顔ペンダント03 (小嶋 伸)

おすすめ作品の詳細事例

CASE1 作品のデザインや素材、仕様、収納力をきちんと記入
POINT1:

作り手のこだわりが「素材」や「デザイン」、「使い勝手の良さ」にあることが良くわかります。

POINT2:

サイズや素材については、詳細をしっかり記入。随所に作り手から買い手への配慮が感じられます。

Ex_05

ペタンコポーチ(buanobi)

CASE2 シンプルは作品の説明と、使用方法およびオーダー方法を掲載
POINT1:

シンプルな言葉で作品について説明し、サイズや使用方法は別途箇条書きで記載。

POINT2:

オーダー方法や納期などについてもわかりやすく明記しているため、購入する際安心できます。

Ex_06

PhotoFrame(MId)(WOOD in the ear)

CASE3 作り手の制作意図をユーモアたっぷりに紹介
POINT1:

作り手ならではの制作意図を記載し、シリーズ作品の紹介もプラス。買い手に対する心づかいとユーモアを感じられる作品紹介です。

POINT2:

陶器など取り扱いに注意がいるものは、注意点を明記することで互いに安心して売買ができるようになります。

Ex_07

kotoriめし碗【小・ちびっこ用?】(野口あき子【アトリエ水無月】)